縮毛矯正をかけた髪を長持ちさせるための方法を紹介

query_builder 2023/05/03
コラム
48

せっかく縮毛矯正をかけてきれいな状態にした髪も、その後のケアの仕方によって元に戻ってしまうことがあります。
縮毛矯正をかけた髪を長持ちさせるために、正しい方法でヘアケアをするようにしましょう。

▼縮毛矯正後の髪を長持ちさせるための当日の注意点
縮毛矯正をかけた当日には、次の注意点を守るようにしましょう。

■シャンプーをしない
矯正をかけてから24時間程度は髪の状態が安定しません。
縮毛矯正を長く維持するなら、24時間過ぎてからシャンプーするのがおすすめです。

■髪を結ばない
髪を結ぶとゴムの跡が髪に残ってしまいます。
24~48時間ほどは、髪を結ばないようにしましょう。

▼縮毛矯正後の髪を長持ちさせるための毎日の注意点
縮毛矯正をかけたら、翌日以降も次のような注意点を守ってヘアケアを行いましょう。

■シャンプーの選び方と洗い方に注意
洗浄力の強すぎるシャンプーを使ってゴシゴシこするように洗うことは避けましょう。
洗浄力がマイルドなシャンプーを選ぶことが大切です。

■トリートメントをする
ダメージを修復する効果のあるトリートメントを使って、髪の状態を整えます。
目が粗いコームを使い、トリートメントを髪にしっかり浸透させるのがコツです。

■ドライヤーの使い方に注意
ドライヤーの温風を長時間あて続けると、髪が傷んでパサパサになりやすくなります。
タオルドライをしっかり行い、ドライヤーを使う時間は短時間にしましょう。

▼まとめ
縮毛矯正をかけた状態を長持ちさせるためには、その後のヘアケアが重要です。
当日はシャンプーや髪を結ぶことを避け、翌日以降は髪の状態に合ったヘアケア製品を使い、髪をダメージから守るようにします。
キレイな髪を維持するために、美容室に相談してみることがおすすめです。

記事検索

NEW

  • 寝る前のスタイリングについて

    query_builder 2024/04/05
  • 毛量が多い方の対処法とおすすめの髪型について

    query_builder 2024/03/03
  • 女性に人気の髪型とは

    query_builder 2024/02/01
  • 髪のうねりの原因とは?改善方法も解説

    query_builder 2024/01/02
  • 【女の子】七五三のセットはどんな髪型がオススメ?

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE